夜のお仕事なんて怖くない!


キャバクラの求人を見てバイトを始めました。

私は大学生の頃に、3ヶ月間だけですが、キャバクラでのバイトを経験しました。そのバイトを始めたきっかけは、私は1人暮らしをしていたため、もう少し生活に余裕がほしいと思ったことが始まりでした。コンビニでのバイトを続けていた私ですが、キャバクラの求人を見た時の衝撃を忘れることができません。その時給の高さに驚き、お金のために、安易にキャバクラでのバイトを決めてしまいました。軽い気持ちで始めたバイトは、当初の私の想像を上回るものでした。きれいな衣装を着て、お酒を飲んで楽しくおしゃべりする程度に考えていましたが、お客さんに本当に楽しんでもらうには、プロ意識を持って接客することの大切さを教わりました。わずか3ヶ月という短い期間でしたが、大学卒業後に就職した会社でも、キャバクラで学んだマナーや接客の基本はとても役立ちました。実際に働いてみたことで、キャバクラに対する見方が変わり、どのような職業でもプロ意識を持って働くことの大切さを学びました。